本文へスキップ

ケアンズ発コッドホールとコーラルシーのプレミアム・ダイブトリップ

TEL:+61-7-4041-2700

FAX:+61-7-4041-2711

email:info@mikeballjapan.com

ダイビングに関する情報company

  • 健康に関する宣誓
    安全にダイビングをお楽しみいただくために、ツアーに参加のお客様には、お申込みに際して以下の内容を宣誓していただく必要があります。
    "I state that I am in good health for diving. I have no medical history of heart or lung disorders, asthma, diabetes, epilepsy or narcolepsy. I will not dive on your expedition if I am feeling unwell or I have a chest cold or respiratory congestion. I understand if I have any medical condition contrary to these requirements I must produce a diving medical certificate completed by a diving medical specialist.
    You are authorized to make medical and transport arrangements as may be determined in my best interest. I agree to pay expenses incurred on my behalf which may be charged against my credit card."
    (訳)「私はダイビングに適した健康状態です。過去に心臓や肺の疾患、喘息、糖尿病、てんかん、睡眠発作にかかったことはありません。気分が悪い場合、または咳の風邪や呼吸器系の問題が発生した場合にはダイビングを控えます。もし、一つでも上記に該当する場合には、専門の医師によるダイビング専用の健康診断書を提出する必要があることを理解しています。
    私は、私のために最善と判断された場合に、マイクボール・ダイブ・エクスペディションズが医療救護と搬送手配をすることを許可します。また、その際の費用について、私のクレジットカードから支払われることに予め同意します。」
  • アルコール
    アルコールは、その日の最後のダイビングが終了するまで摂取できません。
  • スキルチェックとリフレッシュ・ダイブ
    ダイビング経験本数15本未満、海でのダイビングの経験が5本未満、または過去12か月のダイビング本数が5本未満の方は、船からオリエンテーション・ダイブ(無料)をしていただく必要があります。65歳以上で経験本数が50本未満の方も同様です。
    過去5年間全くダイビングをされていない場合には、ツアーをより楽しんでいただくために、ツアー参加前にリフレッシュ・ダイブをされることを強くお勧めいたします。マイクボールJAPAN(ダイブセブンシーズ)で、ツアー参加前にケアンズでリフレッシュ・ダイブをアレンジすることが可能です。スケジュール・料金等詳細はお問い合わせください。過去10年間全くダイビングをされていない場合には、ツアー参加の前にもう一度ライセンスを取得し直していただく必要があります。ただし、200本以上の経験がある方や、ダイブマスター以上の資格をお持ちの方に関しては、この限りではありません。
  • サンゴの産卵
    サンゴの産卵は通常、11月の満月の2日から6日後の、水温が約27℃のときに起こります。平均より水温が高い場合にはそれより早い満月に合わせて、低い場合にはそれより遅い満月に合わせて起こることもあります。
  • ハンディキャップ・ダイバー
    ツアーで使用するスポイルスポート号はバリアフリーの設計になっておりません。詳しくはお問い合わせください。
  • ポイントの選択
    コンディションに応じて、可能な中で最も良いポイントから選ばせていただいています。経験の少ないダイバーの方には、必要に応じてオリエンテーション・ダイブを行います。より経験のあるダイバーの方はご自身でダイビングを計画していただくことができます。
  • 深度のガイドライン
    最大深度はダイバーの経験とダイビング団体の基準に拠ります。経験のあるダイバーの最大推奨深度は40mです。深度40mを超えるダイビングは、適切な資格を持ったテクニカル・ダイバーに限定され、最大深度は認定団体の定める基準に従います。この場合、追加の管理、手順およびテクニカル・サポートが必要となりますので、お申し込みの際にその旨お申し出ください。
  • ダイバー用保険
    必ずスクーバ・ダイビングにかかる救護・医療について適用される旅行保険にご加入ください。またはDANの会員になることでダイビングの緊急サポートを受けることができます。詳しくは、DAN JAPANのウェブサイトをご覧ください。
  • 船に用意されている器材
    すべてのダイバーにノーチラス・ライフラインGPS(携帯用電波信号発信機)の携行を義務付けています(無料貸出し)。タンクは、ヨークタイプ・バルブのアルミニウム製タンクを42本(通常のエアとナイトロックス半々)搭載しています。容量は3分の2が10.3リットル、残りが11.3リットルです。
    レンタル器材の内容と価格についてはこちらをご覧ください。
  • ウェットスーツ
    防寒、防護と日焼け防止のため、ウェットスーツの着用を推奨します。コーラルシーの年間の水温は下の表をご参照ください。温かい時期は3mm、寒い時期には5mmの長袖長ズボンのスーツをお勧めします。レンタルウェットスーツの価格とサイズはこちらをご覧ください。また、マイクボールJAPANでは、日本人の体形に合った5mmの長袖長ズボンのウェットスーツを$15/日でレンタルしております(日本人専属ガイド乗船時のみ)。ご希望の方はお申し込みの際にお申し出ください。
    コーラルシーの水温
  • ダイビングの後の飛行機搭乗
    コッドホール4泊ツアーのリザード島からのフライトは、高度200mから300mとなります。したがって、ダイビング後の高所移動制限の基準である600mを超えることはありません。なお、ツアー日程上、最後のダイビングの終了時刻はツアー終了前日の午後5:00となっています。
    また、ダイブコンピューターは、お客様の飛行機搭乗待機時間を管理します。高度600m以上の移動については、'No Fly’の表示がある間はお避け下さい。ツアー終了後の飛行機の搭乗については、お客様ご自身でフライトがダイブコンピューターの指示する飛行機搭乗待機時間後(通常最後のダイビングから18時間から24時間後)になるよう、慎重にご検討いただきますようお願いいたします。
    ダイビングの後の不用意な高所への移動は減圧症のリスクを高めますので絶対に避けてください。
  • ガイド付きダイビング
    ツアーではダイブマスターによるガイドを義務付けていません。より管理をご希望されるダイバーの方には、無料でスキルを確かめるオリエンテーション・ダイブや午前/午後のガイド付きダイビング、さらに、場合に応じてスタッフと潜る機会を設けています。ただし、これらは、すべてのダイビングについてガイドがご案内することをお約束するものではありません。また、お客様の専属ガイドということでもありません。
    マイクボールJAPANでは、日本人による専属ガイドサービスを行っています。ボート上でのご案内、ブリーフィングから水中まで、すべて日本人ベテランガイドがお世話させていただきますので言葉の心配なくお楽しみいただけます。料金はこちらをご覧ください。
  • クラゲ
    グレートバリアリーフには様々な種類のクラゲが生息していて、刺されると腫れて痛みを感じることが少なくありません。バチクラゲ(box jellyfish)は、11月から5月にかけて北部クイーンズランド州の陸寄りの海または河口付近に現れ、刺されると極端な例では死に至ることがあります。幸いなことに、ツアーで訪れる外洋よりのサンゴ礁ではみられません。小さなイルカンジクラゲ(Irukandji box jellyfish)は、陸から離れたサンゴ礁でもみられ、刺されると強い痛みを生じますが、刺されることはごく稀で、刺されても死に至ることはほとんどありません。刺された場合には、すぐに患部を酢で洗い流し、医師による手当てを受ける必要があります。1969年以来、2人のお客様をイルカンジクラゲに刺された疑いで搬送しましたが、特に手当は必要としませんでした。
    お客様には、長袖長ズボンのウェットスーツか、クラゲ除けのスティンガー・スーツの着用をお勧めしています。また、スポイルスポート号は緊急用無線を装備しています。
  • ジュニア・ダイバー
    10歳から潜ることができます。詳しくはお問い合わせください。
  • スポイルスポート号からのダイビングと付属ゴムボートからのダイビング
    大部分のダイビングは、ポイントに係留された主船のスポイルスポート号から行います。ドリフトダイビングやナイトダイビングは、船に搭載された2艘のゴムボートから行うこともあります。ゴムボートは後方にエントリー用のはしごを備えた大型で安定性の高い構造になっています。
  • ナイトロックス
    ツアーでは、オプションでナイトロックスを提供しています。ナイトロックスのエアはEAN32(深度40mで酸素分圧PO2の絶対限界1.6bar)です。ナイトロックスを使用する場合は、必ずナイトロックス対応のダイブコンピューターを使用してください。ダイブコンピューターをレンタルされたお客様には、無料で使い方をご説明いたします。ナイトロックスの料金はこちらをご覧ください。
  • スノーケリング
    コッドホール3泊ツアーのポイントはスノーケリング経験者に楽しんでいただけます。コーラルシー4泊ツアーは初日のポイントのみスノーケリングに向いています。コーラルシーのポイントはスノーケリングには不向きです。また、スノーケリングの監視もいたしません。コーラルシー・サファリ7泊ツアーはリボンリーフのポイントでのみスノーケリングできます。コーラルシーのポイントはスノーケリングに適していません。
  • 無制限ダイブ
    ダイブタイムに特に制限は設けていません。ツアーの日程は通常1日3ポイントとなっています。たいてい午前中の1ポイントで「オープンデッキ」とし、午後は2つのポイントで潜ります(午前午後が入れ替わる場合もあります)。たくさん潜るのも、少し潜るのも、お客様の自由です。大部分のお客様は、午前2本、午後2本に加えてナイトダイブ1本を潜られます。深度の浅いリボンリーフのチャレンジャー・ベイなどいくつかのポイントでは、魚の特殊な生態をカメラに収めるために、2時間ずつ潜る水中写真家もいらっしゃいます。

サンゴ礁と小型ボート

お申し込み・お問い合わせ